Home 未分類 • 「サイレントフォト」の強烈なダメージ

「サイレントフォト」の強烈なダメージ

IT方法の発育にともない、お気に入りの品物を端末やケータイなどで観られる時代になりました。
また、3D画像が味わえる機具もあり、体への感化を考えたうえで、よりリアルな画像が楽しめます。

このように、次から次へと最新の方法を追っ掛けて要る一方で、昔ながらの方法に「執着心」をもちましていらっしゃるヒューマンも少なくありません。
劇場品物の場合もおんなじことがいえ、モノクロ品物からは、いまの時代にはない独特の楽しみを感じることができます。

また、「サイレント画像」もあり、画像にて広がる声明には強烈な驚愕があります。

私も、その過去、一度だけサイレント画像を観たことがあります。
その品物にミュージックは使われていましたが、参列人の響の代わりに「字幕」でお披露目がされていたのが大きなうりでした。

品物名称は思い出せないのですが、過酷な取引マイナスをテーマにしたもので、見終わってから劇場を出る時、たいへんいえない気持ちになったのを思い出しました。

なお、劇場を訪れて品物を観るメリットは、画像によって「いま」を映る結果、何度も甦生可能ムービーにはない大きな持ち味だといえます。毎日続けるものだからユーグレナも安いものを選びたい。

Author:plemg