Home 未分類 • 祖母の家庭介護を通じてみてわかった箇所

祖母の家庭介護を通じてみてわかった箇所

祖母が脳梗塞を起こし、寝たきりになってしまいました。以前から周知症の障害が見られていたのですが。介護をする上で、どちらがいいのだろうと思います。

自由に動け、ある程度は自分の事はできるが周知症があるのと、周知症もあり、寝たきりになってしまうのと。脳梗塞で倒れる前は、寝たきりの方が有効だろうなと思っていました。動揺断ち切るかなとか、おんなじ物語をまたしてるとか思わなくても素晴らしいし、俺が介護生業を通していた事があるので、稼業だと思えば行えるだろうと思っていました。

現に、寝たきりになってみると難しいですね。稼業ではお客様君は人様ですが、自宅で看ているのは自分の肉親だ。しかも、バイタリティーだった頃の祖母をますます見てきて、何故こんな風になってしまっているのだろうと悲しくなりました。瞬間でオムツを見て、飯をあげて、ちょいちょい物語をしをめぐって。寝たきりになった事で別途周知症は進み、何を言っているのかなんにもわからなくなりました。老人ホームのショートステイを使ったりして、家事の面倒を少なくしてきました。たまたま、その老人ホームに残余ができ、丸々入所する事ができました。自宅介護は半年ほどでした。今は、そんな事もできたかなと思いますが、現になるといっぱいいっぱいになってしまうのだなと痛感しましたストレスに弱いと胃腸も弱りやすい。太れないのは、それが原因かも。

Author:plemg